IOS導入による院内ワークフローの変化

 

IOS(口腔内スキャナー)導入でできること

補綴物修復

インレー、アンレー、クラウン、ブリッジといった歯冠修復に適応しております。

咬合印象採得においては接触点の情報が複数あれば全顎ではなく片顎印象のみで十分なケースがあるため、印象にかける時間は短縮できます。

歯科技工所へデータを送り、各症例の確認作業も瞬時にやり取りが出来るようになります。また模型を発送する手間が省けるため、効率的な補綴物修復を実現することが出来ます。

またISOとCAD/CAMシステムを導入すれば、セラミックやジルコニア、ハイブリットレジン等の材料による修復物の製作が自院完結で可能になります。

1回で治療を完結させることで患者の負担軽減と再来院の手間を省き、脱離による不快感や象牙質などの汚染リスクも少なくなります。

インプラント

インプラント治療はデジタルとの親和性が高く、IOS のデータとCTのデータを重ね合わせることでインプラントの埋入位置をシミュレーションすることが出来ます。さらにそのシミュレーション通りに埋入するためのサージカルガイドをデザイン、製作することも可能なため、より安全な治療を実施出来ます。

またスキャンボディと呼ばれる印象コーピング をインプラントに装着し、IOSで印象採得することで、インプラントの位置を読み込み、CAD/CAMアバットメントを作成することが出来ます。さらに上部構造もCAD/CAMシステムで製作することで、効率的で、高精度な一貫したデジタル治療が実現出来ます。

アライナー矯正

現在、治療計画をデジタルで作成する様々なソフトウェアが発売されています。患者情報として顔貌写真、口腔内写真、印象採得が必須ですが、IOSによる光学印象はデータ転送により矯正治療計画ソフトウェアへ取り込むことが可能なため、物理的な印象発送の手間と時間を省くことができます。

また、データ取得後にシミュレーションソフトにてすぐに矯正後のイメージを患者に共有することが可能となり、カウンセリング向上に繋がります。

CBCTとのデータ融合機能により、歯冠だけでなく歯根の状態まで考慮したシミュレーションが可能なソフトウェアもあります。

タッチスクリーン上で3D画像を見せながら患者と話し合うことが出来るため、カウンセリングツールとして活用することが出来ます。

今後のソリューション拡大

支台築造や多数歯欠損症例の印象採得、有床義歯などデジタル技術が実用化されていない領域もありますが今後の技術革新による拡大が期待されております。

各社製品へのオープンなデータ移行について

ファイルフォーマットとは

ファイルフォーマットとは、ファイルの保存形式です。例えば画像ファイルの場合ファイル名の末尾に付いている .jpeg など拡張子で表記されております。

口腔内スキャナーは各社独自のファイルフォーマットを持っていることが多く、依頼する歯科技工所のCAD用ソフトウェアで扱えるフォーマットと異なる場合は、STLファイルなど汎用性の高いものに変換する必要があります。

IOSとCADソフトが同一メーカーである場合や異なるメーカーでもフォーマットの変換機能を持たせてデータ連携している場合は、ファイル変換することなく送信が可能となります。

データ送信

IOSメーカーが持っているクラウドサービスを利用する場合、スキャンデータとともに患者情報と製作物に関する情報を入力、その後依頼する歯科技工所を設定し送信すれば、簡単に指示内容を共有することが出来ます。

クラウドサービスを使用しない場合はUSBメモリやデータ転送サービスを活用して技工所へデータを送る必要があります。

関連記事

最近の記事

  1. 【動画】One visit treatment 即日修復における院内、患者へのメリット

  2. 【動画】インプラントにおけるデジタル活用について

  3. 【動画】臨床面、経営面からみたチェアサイドCAD/CAMの優位性について