広がるソリューション

 

CERECで広がるソリューション

CERECのチェアサイドワークフローは補綴修復をはじめ、インプラント、矯正の3つの主要分野をカバーしています。

Primescanと補綴物修復

デンツプライシロナの口腔内スキャナーは印象採得のみに特化したモデルのDI Primescan、チェアサイド完結が可能なモデルのCEREC Primescanの2機種がございます。 デンツプライシロナのミリングマシン、ファーネスと組み合わせることで様々な加工オプションが選択可能、検証された幅広いマテリアルから、症例にあったブロックを選択することが出来ます。

DI Primescan:

  • スキャンデータをデジタルラボや外注先パートナーへ送信
  • 自社ポータルサイト”コネクトケースセンター”を通じて、セキュリティを確保し、暗号化したデータの送信が可能、各症例の確認作業がチャットで瞬時にやり取りが出来る
  • チェアサイドOne Visit Treatment(1回の通院治療)ワークフローにアップグレードが可能

CEREC Primescan:

  • One Visit Treatment(1回の通院治療)を実現するためのチェアサイドワークフローに対応
  • チェアサイドで補綴物のデザインが出来る
  • AIテクノロジーによって実現した自動化ワークフロー
  • 患者の負担軽減、脱離の不快感がなく汚染リスクを減らす

チェアサイドの補綴物修復ワークフロー

Primescanとインプラント治療

Primescanはインプラント外科手術やインプラント補綴物作成の際にさまざまなワークフローのオプションを利用できます。

  • シムプラント プランニングサービスの活用により、CTとPrimescanによる口腔内スキャンを相互参照し、バーチャルで、補綴物の要件を考慮したインプラント計画が可能
  • バーチャルプランニングをもとにガイドを製造し、より安定した、正確な方法で埋入ガイドが作成可能
  • デンツプライシロナCAD/CAMアバットメントやクラウンの設計および製造に対応

ラボ外注先と連携したインプラント治療ワークフロー

チェアサイドのインプラント治療ワークフロー

Primescanとアライナー矯正

SureSmileは20年以上実績があるデジタル矯正システムであり、近年アライナープラットフォームがラインナップに加わりました。治療計画をパーソナライズすることで様々な症例や患者ニーズに対応可能です。患者情報は顔貌写真から印象まですべてデジタルデータのみを用いるため、より効率的で精度の高い治療計画のシミュレーションが可能となります。ソフトウェアはブラウザベースのため、治療計画を立てたり、レビューしたりする場所や端末を問いません。

  • スキャンデータからアライナーの治療計画ソフトを用いたマウスピース矯正が可能
  • 患者毎にストレートまたはスカラップからトリムラインの選択が可能
  • CBCTとの重ね合わせにより歯冠だけでなく歯根位置までを可視化したシミュレーションが可能

アライナー矯正治療のワークフロー

コネクタビリティ

専用webサイト「コネクトケースセンター」を利用すると、デンツプライシロナのラボユーザー(inLabユーザー)や他社ラボシステム運用のラボ、外注先へと連携ができるようになるため、効率的かつセキュリティに優れた検証済みのプロセスを活用できます。

また3DモデルのSTLファイルを、直接ソフトウェアからエクスポートし、任意のラボや外注先にファイルを送信することも可能です。

Connect Case Centerについて

Connect Case Centerとは

デンツプライシロナは迅速で簡単なコラボレーションを実現する独自のポータルサイトを提供しています。オムニカムおよびプライムスキャンをお持ちのユーザー様が、使用料無料かつデータセキュリティーの面で安全にご使用頂ける専用ポータルサイトです。これにより、歯科医師とラボは、リアルタイムで症例について話し合い、患者からの要望も共有することができます。

  • 電子メール、USB、オンラインのデータ転送プロバイダを介したデータ転送ではなく、ポータルサイトを活用したより高速で安全なデータ転送
  • 石膏模型の輸送時間とデジタル印象で必要な消耗品コストの削減
  • オーダーの確認情報を電子メールですぐに受け取ることが出来る
  • 作業指示書に署名して承認することができ安全性が高い
  • 印象とオーダーのデータを瞬時に送ることができ、歯科医院とラボ間で同時に画面上の3Dモデルを確認し打ち合わせが出来る
  • 追加データの送信が便利(患者の画像、スクリーンショットでの設計画像など)
  • いつでも利用できるチャット機能
  • 対面の情報交換を可能にする統合されたSkype接続
  • Simplant、SureSmileなどデンツプライシロナが提案するインプラント、アライナー矯正サービスとの追加接続オプション
1.スキャン
2.確認
3.送信

Connect Case Center Inbox

すでにデンツプライシロナのラボシステムではないCAD/CAMシステムを導入のラボであっても、Inboxライセンスをポータルサイトに認証させることで、Connect Case Centerを通してデータ授受ができるようになります。

  • デンツプライシロナの口腔内スキャンデータは、exocadや3shapeなどのラボソフトウェアにエクスポートすることが出来る
  • お持ちのソフトウェアから直接Connect Case Center Inboxにファイルをアップロードすることができる
  • 既存のCAD/CAMワークフローに簡単に統合しながら、お好みの設計・製造ステップに進める
  • ラボはSTLのようにモノカラーではなく口腔内のカラーデータでの受け取りになることや、マージン情報も入力されているので、安心感や作業効率が高まる

関連記事

最近の記事

  1. 【動画】One visit treatment 即日修復における院内、患者へのメリット

  2. 【動画】インプラントにおけるデジタル活用について

  3. 【動画】臨床面、経営面からみたチェアサイドCAD/CAMの優位性について