【動画】イントラオーラルスキャナーを使った上部構造の製作

動画補綴インプラント医院経営開業口腔内スキャナー歯科医師歯科衛生士学生

イントラオーラルスキャナー(以下、IOS)の急速な普及により、インプラント治療においても多様かつ高度なデジタルワークフローが構築されています。

CERECシステムのIOSを活用したデジタルインプラント治療に精通する草間先生に、近年、主流となっている「イントラオーラルスキャナーを使った上部構造の製作」というタイトルで詳しく解説していただきます。
下記の動画をぜひ、ご覧ください。

セレック プライムスキャン ミリング 自費 光学印象 印象採得 ラボ


CERECシステムのIOSは精度が高く汎用性に優れているため、デジタルインプラントにおいても利点が多く、様々な臨床応用を可能にしています。

上部構造の製作は、主に「院内加工」と「アウトソーシング」の2つの方法に分けられます。今回は、ソリューションごとにIOSの印象採得などを紹介し、それぞれのメリット・デメリットを比較。さらに接着方法やアバットメントの違いについても詳しく解説します。

また、当院の症例からチタンベースを使用した上部構造の製作工程を、臨床写真と共にご紹介します。

ログイン

草間 幸夫 先生

医療法人社団 研整会
西新宿歯科クリニック院長

関連記事

  • キーワード

  • カテゴリ

  • 医院ビジネス/運営

  • 設備機器

  • 対象

  • 形式

最近の記事

  1. 【動画】X スマートProプラス 新発売記念ウェビナー

  2. 【動画】Adapt or Die!

  3. 【動画】根管洗浄ニードル 選択のポイント