アナログ印象とデジタル印象

 

デジタルデータのメリット

患者の口腔内情報をデジタルデータとして扱うことで様々なメリットがあります。

運用の改善につながるメリット

  • アナログ印象に必要となる材料や患者の模型等の保存スペースが不要
  • 患者とのコンサルテーションとして活用できる
  • 患者情報をデータベース化することが可能
  • 印象材や石膏などの材料費、技工所への郵送費等の経費削減
  • ラボとの各症例の確認作業が瞬時にやり取り出来る
  • その場で確認し再印象出来るので歯科医師と患者両方にストレスが少ない

テクニカルエラーの改善につながるメリット

  • 印象材による気泡の混入や模型の破損などのエラーリスクがない
  • アナログ印象の過程で生じる硬化膨張や鋳造収縮の寸法変化を考慮しなくてよい
  • アナログ印象より熟練度による精度の差が少なく、治療の質が均一になる

関連記事

最近の記事

  1. 【動画】One visit treatment 即日修復における院内、患者へのメリット

  2. 【動画】インプラントにおけるデジタル活用について

  3. 【動画】臨床面、経営面からみたチェアサイドCAD/CAMの優位性について